今月のコラム|徳島市の歯科 歯医者|

徳島市の歯科 歯医者 歯科医院 お問い合わせ、診療のご予約は 088-655-3373
徳島市南末広町2-62カサレ・コルソ6号
オンライン予約24時間受付中
徳島市の歯科医院案内
予約について
院内感染予防対策
院長紹介
スタッフ紹介
ニュースレタースマイル
イベント
治療について
治療方針・理念
治療内容
治療の流れ
歯の材料と治療の手引き
修復物料金表
カウンセリング
痛くない麻酔
レーザー治療
インプラント
ホワイトニング
PMTC
患者さんの声
歯のはなし
むし歯のはなし
歯周病のはなし
院長コラム
予防ケアのアンケート
今月のコラム
週刊アツシ今週の一枚
徳島市

今月のコラム

■ 2016年12月 「便利さ」の裏側で!

早いもので、今年もあと、ひと月と少しになりました。師走に向けて、何かと忙しくなり、寒さも、本番モードとなり、体調が下がり気味になる時期ですね。あなたも、『手洗い』『うがい』『十分な睡眠』を、とってくださいね。昨日、私も『インフルエンザ』の予防接種を受けてきました。何とか、トラブルなく、寒い冬を、乗り切りたいと思います。

さて、この頃では、『当たり前』になった、『24時間営業』や、『年中無休』。サービスを利用する側としては、非常に便利なことなのですが、そこには必ず、誰かが、休まずに働いてくれているわけですよね。『社会の仕組み』が、変わった…と言ってしまえば、それまでなんでしょうが、本当に、『24時間営業』や『年中無休』が、必要ですか?もちろん、『救急医療』や『警察』『消防』は、必要でしょう。でもね、『日用品』や『食料品』は、翌日まで、ガマンすればイイことなのでは。残業で遅くなっても、せめて22〜23時ころまで、開いてくれれば、大丈夫でしょう。

『百貨店』や『ショッピングモール』も、『年中無休』が当たり前。週に一度くらい、『定休日』あっても、誰も困らないと思うのですが。これだけ『ネットショッピング』が普及したら、競争も大変でしょうが、中で働く、スタッフさんの疲労も、貯まる一方で、結果、サービスの質も下がるように思うのですが。
『ネットショッピング』が増えれば、たいへんなのは、配達のドライバーさんですよね。時間指定ができる昨今、時間通りに、届けないと、クレームだし、時間通りに、配達に行っても、不在が多い。これじゃあ、再配達ばかりで、とてもじゃないけど、やってられません。時間指定を指示しておいて、不在…となれば、再配達は、『有料』にでもしたほうが、いいのではないでしょうか?
便利な世の中になったなぁ、と思う前に、ここまで便利になる必要があるのか?と考えさせられます。


■ 2016年11月 ガンバレ、地元!

10月も、後半というのに、昼間は、『半袖』で過ごせるような日もあり、なかなか『衣替え』が、進みません。そうはいっても、確実に『寒さ』は、やってきているようで、北海道では、平野部でも、今日は『積雪』とのこと。日本は『広い』ということを、改めて実感します。
さて、私どもの診療所のすぐ横で、巨大なショッピングモール『イオンモール徳島(仮)』が、着々と建設中です。『ジャスコ徳島店さん』が、閉店して以来、ずっと更地のままでしたが、すでに、末広大橋を超える『高さ』まで、その巨大な骨組が、姿を現しています。気になるオープンは『来春』とのこと。楽しみにされている方も、多いと思います。今までは、ゆめタウンの『1強』の時代でしたが、(フジグランもあるじゃない!との声もいただきますが…)今後は、『イオン』VS『ゆめタウン』ということのになり、JR徳島駅前や、東新町商店街などが、いったいどうなっていくのか、心配な所です。
お隣『高松』では、商店街の再開発の成功例として、しばしば、マスコミにも取り上げられていますが、徳島に比べ、商店街に、まだまだ『活気』がありますね。歩いているヒトも、まだまだ多い。(あくまでも、徳島と、比べてですが…)新町西地区の再開発も、市長さんが変わり、白紙に戻って、いまだ、何も具体案は出ず。みんなが納得する名案は、なかなか生まれないと思うのですが、『徳島ヴォルティス』のホームスタジアム(陸上競技用のトラック無し)&芝生広場&遊具のある公園&陸上競技場(もしくは体育館)なんてのは、いかがでしょう。渋滞も、もちろんあるでしょうが、『お盆』の『阿波踊り』の時期に比べたら、おそらく大丈夫。試合や、大会のある、土日祝の日中は、JR徳島駅前辺りから、市内中心一帯を、『阿波踊り』のときのように、『歩行者天国』にすればOK。まさに、毎週末『お祭り』状態。空いた公園・校庭が、臨時駐車場でPTA・学校の資金に。マルシェも、毎週開催。どうですかね、このプラン(笑)


■ 2016年10月 島国、日本!

台風情報が、気になる時期になってきました。数日前より、かなり正確に、進路や、風雨の予想がされますが、いくつかの要因が重なって、想像以上の被害になることもありますね。今年は、すでに、北海道や、東北に、大きな被害が出ました。被害に遭われた方々が、一日も早く、日常生活を取り戻せるように祈るばかりです。幸い、徳島には、現在までは、大きな被害もなく、逆にダムの貯水率が低下し、水不足が心配されています。自然災害だけは、自分でコントロールできるものではなく、常に『備える』ことしかできません。あなたはどんな『備え』をしていますか?私自身も、保険に入る程度の、『備え』しかできていません。

太古の昔から、日本は、地震国であり、津波が押し寄せ、火山が噴火し、毎年のように、台風がやってきて、梅雨前線や、秋雨前線が、大雨を降らせ、川が氾濫し、雪国では、何メートルも積雪する、自然災害の『宝庫』のような土地。それでも人々は、知恵を絞り、自然と向き合い、この国で命をつないできた。昔の人達は、今のように、科学技術の発達していない状況の中で、みんなで、力を合わせて、いくつもの大きな困難を乗り越え、生きてきた。本当に、たくましく思います。日本人が『和』を尊び、みんなで力を合わせるのが、得意なのは、こういった自然条件の国で、育ったからなのでしょう。オリンピックでも『日本』というだけで、無条件に、どんな競技でも応援してしまう。個人種目よりも、リレーとか、団体戦とか、チーム戦など、とにかく『団体競技』が大好き。

暮らしていく条件が悪ければ 、陸地を移動して、適した土地を探すことができた欧米では、きっとこういう感覚には、ならないと思います。『島国根性!』といってしまえばそれまでですが、年齢を重ねた今は、やはり『和』の感覚が、しっくりきます。ですが、トイレだけは『洋式』が、ありがたいですね(笑)


■ 2016年9月 オリンピックのメダリストって、やっぱりすごい!

大きな混乱もなく、リオデジャネイロオリンピックが終わりましたね。ちょうど12時間の時差があり、ライブで、観戦できないことが多いのですが、日本女子選手の活躍には、『あっぱれ』を、たくさんあげても、イイのではないでしょうか?女子の競泳、レスリングや、柔道、バドミントンに卓球、シンクロと、世界の身体の大きなアスリートに比べても、遜色ないし、このまま、人気が出て、競技人口が増え、さらにレベルが上がれば、イイですよね。しかも徳島出身の松友選手の金メダル!バドミントンを始める、女の子が増えてくれたら…。男子のバカな選手のおかげで、バドミントンのイメージが悪化した中、頑張ってプレーし続けた、松友選手の苦労も、報われるのではないでしょうか。

男子では、体操の団体。中でも内村選手が、やはりすごい!個人総合でも2連覇。柔道、競泳も、よくがんばった。卓球の水谷選手も、個人と団体の両方で活躍し、『勢い』を感じました。錦織選手も、オリンピックでの、銅メダル!そして400mリレーの銀!あのボルトと競り合いを演じ、感動しました!

チームスポーツでは、男子の7人制ラグビーが、がんばりましたが、女子のラグビー、バレーやバスケットにホッケー、男子の水球など、やはり、残念ながら、予選リーグ等で、敗退する事が多かったですね。私の好きな『サッカー』は、オリンピックよりもワールドカップが、世界最高峰の大会ということで、23歳以下という制限があり、世界の超一流のプレイヤーたちは、ほとんど参加していません。そういえば、ゴルフや、テニスも、世界トップレベルの選手が、全員参加しているわけではなく、少し物足りなく思いました。このあたりは、プロ選手の参加に、制限をかけて、アマ選手の大会にした方が、イイかも。

あと4年後に迫った、東京オリンピック。早くも、次のオリンピックでのメダルを、期待させる報道もありますが、まずは、『お疲れ様!よくやった!』って、言ってあげましょう。


■ 2016年8月 またやるの、都知事選!

梅雨が明けていないのに、30℃越えの日々が続き、早くも夏バテ気味ですが、あなたは、いかがお過ごしでしょうか?今年の夏は、過去最高の暑さになる!と予測されてます。『暑さ、寒さも、彼岸まで…』と、言われますので、ここから、あと2か月、何とか無事に乗り切りたいものです。台風もいまだに、『1号』しか発生しておらず、この先、一気にやってきそうですね。被害が無いことを、祈るばかりです。

ケチなお金(公金)の使い方をして、それを素直に謝罪せず、みなさんから袋叩きにあった、都知事さんが、やっと辞職されましたね。マスコミでは、次の知事選に向け、だれが立候補するのとか、与党が分裂選挙!などと、報道されています。四国の片隅で暮らす私には、まったく関係のないハナシなので、スルーしているのですが、結局、誰がやっても、何か不都合なことがみつかれば、一斉に攻撃されるわけで…。

最近、吊し上げ?のターゲットにされる『有名人』の方が、増えていますよね。TV番組で、解散騒動を否定して、公開裁判のようだった中年アイドルグループ。好感度が高く、CMでも有名な、女性タレントが、ミュージシャンと不倫した…。こんな個人的なことが、こんなに報道されるほど、社会的に重大なニュースでしょうか?その原因は、もちろん、ご本人たちに非があるのですが…。何も、そんなに追求しなくても、そこまで書かなくても…と、思うのは私だけでしょうか。売上や視聴率が上がれば、それでイイのでしょうか?

もちろん、税金で賄われる、政治資金の使い道や、別荘に公用車で行くことが、不適切なら、それを報道することは、大事でしょう。でも、公私の区別ができないようなヒトを、選挙で選んだのは、都民の皆さん自身ですよね。マスコミに期待するのは、もっと大事なこと。これから避けて通れない問題、介護・医療・年金・超高齢化社会・少子化問題などに、ヒトとお金と知恵と時間をかけて、いまの現実と、将来の見通しがどうなのか?現在の政治家や、お役所で大丈夫なのか?真実を、伝えてもらいたい…と、願います。


■ 2016年7月 ヒトは、誰でも…!

梅雨入りしてから、お日さまが出れば、じっとしてても、汗ばむほど暑く、雨の日は、ジトジトと、何となく、肌寒い感じもして、体温調節が、難しい時期になりましたね。大杉歯科診療所にも、抵抗力・免疫力の低下による、慢性病変の急性化(要は、無症状だった悪い部位が、免疫のバランスが崩れ、急に、痛んだり、腫れたりすること)の患者さまも、増えてきました。あなたはいかがですか?無理していませんか?ストレスたまっていませんか?こんな時期こそ、睡眠・栄養・休憩をしっかりと、お願いしますね。
さて、『人生』というマラソンの折り返し点を、確実に、通り過ぎた私ですが、世の中には、『人生のゴール』まで、まだまだ現役で、走り続けていらっしゃる、私よりも、ご年配の方が、たくさん、いらっしゃいます。

総務省の統計によると、H27年9月の段階で、65歳以上の『高齢者』が日本には、3384万人!(ちなみに、徳島県の人口×43)いるそうです。総人口に占める割合は、26.7%と、日本人の4人に1人以上は、高齢者!ということになります。今も相当、ニュースになっていますが、これから20年後には、確実に、高齢者の仲間入りをする私にとって、明るい未来が待っているとは、なかなか思えません。充実した、残りの人生を過ごすためには、今から、こんな私に、どんな準備ができるのか?

事業で、『大成功!』を収め、有り余るほどの、『老後の資金』を稼ぐ…なんてのは、歯科医師になった時点で無理。(少なくとも、私の開業スタイルでは、ムリ!大きな歯科医院、自由(自費)診療のみの医院なら、可能かも…)じゃあ、『お金』が、無理なら『健康』は、どうか?今から、頑張れば、何とか、そこそこの『健康』は、手に入るかもしれません。『人生のゴール』まで、無事、健康に完走できるように、診療後の、疲れた身体ですが、今夜も4kmのスロージョギング&糖質75%offビールで、乾杯!


■ 2016年6月 まず、考えてみよう!

GWも終わり、ようやく世間も落ち着いて、あなたも日々、お忙しくされていることと思います。日中、お天気がいいと、夏のような気温となり、朝夕との温度差の調節が、たいへんですよね。急に暑くなると、カラダがついていかず、熱中症や、紫外線によるダメージも、この時期から始まっています。くれぐれも体調管理には、十分、お気を付け下さいね。

さて、国民的中年アイドルグループの『解散騒動』、あるミュージシャンと、女性タレントの『不倫騒ぎ』がおさまったら、今度は、都知事の『金銭問題』。どうでもいいような小さなことに、どうしてマスコミは、大騒ぎするのでしょうか?もちろんこの種の話題が、もっとも大衆受けするからなのでしょうが。もっと報道されるべき、大事なことがあるはず!…と、思うのは、私だけでしょうか。

もちろん、どんな人にも『表』と『裏』の顔があり、ちょっとした失言や、態度が、すぐにネットや、SNSを通じ、一瞬で、世間に拡散していく。有名人は、ほんとに気が抜けず、たいへんだろうなぁ…と、田舎の一歯医者は、思うわけです。何でもスマホで、写真に撮ったり、つぶやかなきゃイイのにね。

熊本の地震に際しても、政治家の問題発言や、マスコミの過剰な取材や、現地の人々の感情を無視した行動が、問題になりましたよね。『いい大人が、何やってんだ!』という、ツッコミをいれたくなります。
『ひとのふり見て…』じゃないですが、イザ、自分に置き換えて、考えてみると、そういうお前は、正しい行動ができている?他人からみて、世間の感覚と、ズレていない?ちゃんと、『いいオトナの男』になっているのか、反省させられます。世間のヒトたちから、後ろ指をさされないように、正しく生きている背中を、子供たちには見せたいものです。不意に、何かが起こったときに、どう行動すべきか?よくよく考えて、行動に移すようにしなきゃ…と、改めて思う、今日この頃です。


■ 2016年5月 新生活の時期に、想う!

春の新生活の時期ですね。大杉歯科診療所にも『お引越し』のご報告を、たくさんいただきました。今まで、年に何回か、健診&予防ケアに、定期的に、来院いただいていた患者さまが、転勤等で、来院できなくなる…と、言われたときには、スタッフ一同、とても寂しい気持ちになります。ですが、日本全国に、歯医者さんがない街は、ない!と言っていいでしょう。(よほど過疎の地域は別ですが…)ぜひとも、あたらしい街で、今までのように、『歯を大切にしたい!』という『想い』を続けていただき、お近くの、『予防歯科』に熱心な、歯科医院に、通っていただければ…と、切に願っております。

さて、『引っ越し』といえば、私自身も、何度か『引っ越し』を経験しております。今から、20年以上前の、大阪での学生時代や、京都での勤務医時代のことですが、その際には、徳島から両親が、時には親類からトラックを借りて、朝早くから手伝いに来てくれました。当時は、まだ明石大橋はなく、淡路島から本州へは、フェリーに乗る時代です。今思えば、仕事の休みに、早朝からトラックを運転し、渋滞する高速に乗って、手伝いに来てくれた両親には、頭が上がりません。到着するやいなや、荷物を積み込み、引っ越し先へ移動し、再び、荷物を新しい部屋に運び入れ、夕方には、また徳島へ運転して帰る…。ちょうど当時の父は、いまの私と同じ年代です。今の私に、休日の早朝から、県外に住む、子供の『引っ越し』を手伝いにいくか?と問えば、『業者さんに、頼んだら…』と、答えるでしょう。

新生活のこの季節、荷物を積んだ引越しのトラックを見るたびに、当時のことを思い出し、そういえば『手伝ってもらった、感謝の気持ちを、ちゃんと、伝えていただろうか?』と、振り返ります。少し腰の曲がった、最近の父親の姿を見るたびに、両親に、苦労と、心配をかけ続けていたことを、反省します。なかなか、『感謝の気持ち』は口にしませんが、少しずつ親孝行して、返していければ…と思ってます。


■ 2016年4月 お問い合わせのあった、「1万円選書」の続き!

いやあ、春の陽気と思えば、冷たい雨…と、春の移ろいやすい天気に、体調を崩された方も多いのでは。温かくなれば、花粉が多くて大変だし、寒くなると、インフルエンザや、感染性胃腸炎などの、ウイルス性の疾患にも、まだまだ油断できないようです、くれぐれも、体調管理には、お気を付け下さいね。

さて、前回のスマイルの、このコーナーでお伝えした、『1万円選書』の話題ですが、『いったい、どんな本が、届いたのか教えてほしい!』という声に、お応えして、遠く北海道は、砂川市、北の街の本屋さんから、私、大杉敦宛に届いた本を、まとめてドーン!と、ご紹介しておきます。

@ 『きみのためのバラ』 池澤夏樹 著  新潮文庫
A 『もう年はとれない』 ダニエル・フリードマン 著  創元推理文庫
B 『向田邦子の陽射し』 太田光 著  文春文庫
C 『降霊会の夜』 浅田次郎 著  朝日文庫
D 『中国化する日本 増補版』 與那覇潤 著  文春文庫
E 『K氏の遠吠え 誰も言わへんから言うときます』 江弘毅 著  ミシマ社
F 『人生最後のご馳走』 青山ゆみこ 著  幻冬舎
G 『出星前夜』 飯島和一 著  小学館
H 『はやくはやくっていわないで』 益田ミリ 作  ミシマ社
I 『手から、手へ』 詩 池井昌樹  写真 植田正治  集英社

HとIは、子供さん向けの、絵本のような本で、待合室に置いてあります。大人の方でも。十分に楽しめますので、また来院の際には、ぜひ読んでみてくださいね。


■ 2016年3月 寒い時には、温かくして、読書!

まだまだ寒い日が続きますが、あなたはいかがお過ごしですか?先日の大寒波のときは、国道が朝から大渋滞で、診療所の前の川沿いの道も、県庁方向に向かう方は、クルマが激混みで、まったく動いておらず、末広大橋も通行止めとなり、午前中は、みなさん、お仕事にならなかったのでは。幸い、私の自宅から、診療所へは、逆方向だったので、ほぼ渋滞もなく、朝の8時過ぎに出勤してから、午前の患者さまに、確認や、日時変更のお願いの電話をしていました。始業時刻ころには、スタッフも雪の中、駆けつけて来てくれて、いつもと変わらぬ診療所内でしたが、外は11時くらいまで、大変そうでした。

雪国に比べれば、1cmの積雪で、このありさま。慣れているとはいえ、雪国の方は大変だろうな…と思います。そんな雪国、北海道の砂川市の小さな街の書店から、先日、荷物が届きました。もちろん中身は、本です。
ここの書店主さんが、私が事前に、メールで答えたアンケートをもとに、おすすめの本を10冊選んでくれて、郵送してくれたのです。『1万円選書』といって、1年近く前に申し込んでいたのが、ようやく届いた!というわけです。あまりに多くの注文が殺到し、現在は、申込も中断されているそうです。本屋と言えば、街の小さな本屋さんがなくなっていっていますよね。大型店や、ネット通販に押され、たいへんな業種なのは、容易に想像できます。店主さんは、生き残るためにいろいろ考えた末、お客さんにオススメの本を選ぶ…というアイデアが浮かんだのでしょう。すでに半分近く読み終えましたが、自分では絶対手にすることのないジャンルの本もあり、とても新鮮でした。10冊の中には、素敵な絵本が2冊含まれていました。私の仕事柄、待合室に置かれてあったらステキだな…と思って、選んでくれたそうです。顔を合わさずとも、今までの読書歴や、人となりのアンケートをもとに、きっと私の人生に、プラスになる本を選んでくれたことが、同封されたお手紙からも、十分、伝わってきます。北国から届いた、ココロを温めてくれる絵本、待合室でぜひ読んでみてくださいね。


■ 2016年2月 アー、映画って、本当にイイですよね!

2016年は、暖冬で始まりましたが、1月も半ばから、例年通りの寒さになってきましたね。雪不足のスキー場も、これで一安心といったところでしょうか。気温が下がると、インフルエンザが心配ですね。手洗いや、うがい、人混みにお出かけの際は、マスク着用…と、できるだけ、予防してくださいね。

さて、年末の映画の話題を独占した『スターウォーズ』ですが、すでにご覧になられた方も、多いと思います。私も、子供のお供で、かれこれ15〜6年ぶりに、映画館に足を運びました。もちろん複数の作品を上映する『シネコン』に入るのも、北島のシネマサンシャインに入ったのも、初めて。実に『徳島ホール』で、新婚当時に、家内と観た『タイタニック』以来です。こう見えても、割と映画好きで、というか『映画』くらいしか、娯楽がなかったものですから、中学生のころには、新町あたりの映画館に、友人達と自転車で、よく行ったものです。高校生にもなれば、デートに誘うといえば、『一緒に映画に行こう!』みたいな時代でしたよね。『ロッキー』『バック・トゥー・ザフューチャー』など、未だに、心に残る作品もあります。当時は、最新のロードショーでも2本立てとか、少し古い作品は、シリーズを、一気に3本立てとかをやっていて、一日中、映画館にいたこともありました。私が小学生ころには、今の『渭東コミセン』のあたりに、小さな劇場もありましたよね。

ところで『スターウォーズ』の最新作ですが、当時、OSグランドで上映されていた、最初の公開作品で、ルークが操る、Xウイングが、銀河帝国のデススターをやっつける姿に、ドキドキしている小学4年生の僕を、思い出させてくれました。映画に感激した、大杉少年は、R2D2とC3PO(映画に出てくるロボット、CMでもおなじみ)の『下敷き』が欲しい!と無理を言って、買ってもらい、使っていました。

診療所のお隣に、イオン(工事中)ができれば、シネコンも入るとのこと。今から、楽しみです!


■ 2016年1月 今年の気づき!

季節外れの大雨のあと、ようやくクリスマスらしく、寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?この冬は、『暖冬』の予想で、まさに今のところ、予想が当たっている感じですが、これからは例年通り、きっと寒くなることでしょう。寒いのが苦手な、私にとっては、朝目覚めて、布団から出るまでの時間が、日に日に、長くなっていきます。あなたはいかがですか?スッと、起きれる派?それとも、温かい布団の中で、まったり派?温かい布団から、スッと抜け出せる、イイ方法があれば、ぜひ教えてくださいね。

さて、今年もあとわずか。終わりよければ、すべて良し!じゃないですが、できればイイ感じで、新しい年を、迎えたいものです。最近になって、遅まきながら、ようやく気付いたことが、2つあります。もちろん、髪の毛の、白い面積が、増えてきたのと、メタボ腹が、無くならないのは、数年前からの常識、今年になって、改めて発見されたわけではありません。

1つめは、学生時代からの定番、『ラーメン』と『チャーハン(もしくはギョーザ)』のセットが、私の胃の中で消化する…という作業に、無理がかかるようになってきたこと。ほんの数年前までは、両方とも、余裕で、『ペロリ!』と、いけたのですが…。2つめは、アルコールが過ぎると、翌朝、『カラダ』がとっても、ツラ〜くなってきたこと。20代の頃は、少々、飲み過ぎで、睡眠不足でも、何とかなっていたのですが…。気持ちは若くても、『カラダ』は確実に、老いてますよね(悲)。

でもね、『脳』は『ラーメン』と『チャーハン』を、一緒に食べたい!と命令するし、楽しく飲んでると、もっと『飲める!』って、思っちゃうんです。来年は、少し反省し、『脳』と『カラダ』を一体化させるように、気を付けたいと思います。(単に、『老い』を自覚すればイイ…という問題ですが)また、来院してくださる患者さんや、家族、スタッフが、健康に笑顔で、過ごせるような、一年にしたい!と、思います。


■過去のコラム
2015年
 | 2014年 | 2013年2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
2007年 2006年


徳島市の歯医者 歯科 大杉歯科診療所には
鳴門市 小松島市 吉野川市 名西郡 名東郡 阿南市からも多くの患者さまが来院されます。

トップインプラントレーザー治療ホワイトニング予防歯科/PMTC痛くない歯科治療

Copyright (C) 2007-2009 徳島市 歯科 大杉歯科診療所 All rights reserved.
website produced by『わははねっと』