今月のコラム|徳島市の歯科 歯医者|

徳島市の歯科 歯医者 歯科医院 お問い合わせ、診療のご予約は 088-655-3373
徳島市南末広町2-62カサレ・コルソ6号
オンライン予約24時間受付中
徳島市の歯科医院案内
予約について
院内感染予防対策
院長紹介
スタッフ紹介
ニュースレタースマイル
イベント
治療について
治療方針・理念
治療内容
治療の流れ
歯の材料と治療の手引き
修復物料金表
カウンセリング
痛くない麻酔
レーザー治療
インプラント
ホワイトニング
PMTC
患者さんの声
歯のはなし
むし歯のはなし
歯周病のはなし
院長コラム
予防ケアのアンケート
今月のコラム
週刊アツシ今週の一枚
徳島市

今月のコラム

■ 2008年12月 『オバマ大統領誕生!』で思うコト

4年に1度の、世界的な『イベント』が終わりました。でも、今回は、オリンピックや、ワールドカップの話ではありません。そう、アメリカ大統領選挙です。終わってみればオバマ候補の圧勝でしたね。(まったく関係のない、福井県小浜(おばま)市を取り上げる、ニホン人ってやつは…そのうち、高速のSAで、オバマ饅頭や、オバマ弁当、オバマせんべいを発売?)

多民族国家のアメリカ。世界で最も影響力のある国、アメリカ。そこに、弱冠47歳の、大統領が誕生しました。私よりわずか7歳上で、世界で最も権力のある『ヒト』に、なったわけです。しかも黒人初です。白人の約半数からも、支持されての大統領です。

大統領選挙の前には、ヒラリーさんの陰に隠れて、名前も知りませんでしたが…『CHANGE』のキーワードで、『変革』を迫り。支持を拡大していった訳です。『言葉の力』ってすごいですね。また、その『言葉』によって、実際に、若いオバマに投票するアメリカ国民は、そうとう日本人よりオトナ。

これが日本ならどうでしょうか?若い47歳の総理大臣候補が、総理になるでしょうか?ドラマでは、キムタクが、総理になりましたが…あくまでも『ドラマ』の中の話ですよね。

つい数年前に、日本でも『改革』をキーワードに掲げ、『自民党をぶっつぶす!』と言った、総理もいましたネ。私も正直、小泉さんが総理になる前には、『本当に、日本が変わるかも…』と、チョッピリ期待しました。しかし、現実には、日本国中を、ひっかきまわし、あらゆる格差(中央と地方、富裕と貧困、など)を拡げ、自分は引退。息子が世襲で、跡を継ぐ…嗚呼、結局、今までの政治(政治家)と、何も変わっちゃいない。そう、変わったのは郵便局と、高速道路のETC割引だけ…?

もう、この国で、政治に期待するのは、ムダかもしれません。経済対策としてでてきたプランは、選挙用の、『高速道路の料金1000円』程度なのですから。(じゃあ、最初から1000円にしとけ!)そんなことより、ムダな工事を止めて、天下りを廃止。国会(地方)議員を60歳定年制(退職金は無)とし、議員(名誉職ですから)の数と給料を、半分にする。法人税・所得税・住民税・ガソリン税等を下げる。その上で、『医療と年金』に、使い道を限定した、『消費税』を、上げてもらおうじゃないの!


■ 2008年11月 腰痛は、歩いて治す!?

あなたは腰痛になった事がありますか?
ちなみに私は腰痛歴20年の大ベテランです。そして、自慢じゃないですが、十回以上『ギックリ腰』になったことがあります。
ヒトは進化する過程で、『2足歩行』になったときから、『腰痛』になる宿命だった…じゃぁ仕方がないなぁ…と、あきらめておりました。

先日、NHKスペシャルで、『腰痛』を特集しておりました。その日は、ちょうど、息子の運動会で、ビデオ撮影のため立ちっぱなしで、腰もグダグダで、疲れて眠いはずなのに最後まで観てしまいました。

現在、『腰痛』の原因が『椎間板ヘルニア』のように、特定できるものはたった15%に過ぎないそうです。残りの85%は原因不明とのこと。専門医にとってもナゾの多い『疾患』といえるそうです。また、『ストレス』によっても『腰痛』が悪化することも!

腰の部分にある『腰椎』の骨と骨の間には、『椎間板』とよばれる『クッション』があります。そこが重要です。年齢とともにその『椎間板』の内部には、水分やタンパク質、コラーゲンなどが少なくなり、『クッション』としての働きが悪くなると、『痛み』が生じるとのこと。(ちなみに、今年のMRIで、私の椎間板が変性しているのは、4月号でご報告済みです!)

ある研究では、体重72sの人が『前傾姿勢』をとると、『腰椎』の『椎間板』には何と約3倍、200s以上の負荷がかかるそうです。(私は、治療中 常に前傾姿勢ですね)

でも、長距離ランナーの『椎間板』は、引退しても衰えないそうです。アフリカの狩猟民族は毎日狩で28km歩いて移動しても『腰痛』にはならないそうです。

そこで、結論。『2足歩行』と『腰痛』は、無関係。むしろ、よく歩いたり、走ったりした方が『椎間板』が活性化し、『腰痛』が改善される?

『正しい姿勢』で仕事をし、悪化しないように『ストレス』のない生活を!って、私の場合、仕事上、全部無理かも(笑)


■ 2008年10月  オリンピックを終えて

みなさん、ご覧になりました?北京オリンピック、私はあまり見ませんでした。気にかけて観たのは北島選手くらいです。彼はさすがですね…。それに比べ期待が大きかっただけに、『柔道』『野球』などはメダルがとれなかった…と批判されています。大きな舞台で力を発揮するのは一流のアスリートでも非常に難しいのでしょう。

さて、競技よりも注目していたのは中国政府の対応でした。大きな混乱やテロもなく、今のところ大成功に終わったと言われています。果たしてこれからの中国はどうなるのでしょうか?

年収1000万円以上の富裕層の人口はすでに日本より多いそうです。しかし、チベットやウイグル自治区のようなところでは、いまだにひどい弾圧があり、とても民主的な国家とは言えません。農村部ではいまだに食べることもままならず、小さな子供が小学校に行けず畑仕事をしている映像を見て、『オリンピックをやっている場合か?』と思います。また、メンツを重んじる国民性もあり、隣の国とはいえ、お付き合いしていくのは非常に難しいようです。
餃子事件に代表される『made in china』への不信感は私の中から消えることはないでしょう。

じゃあ国産ならOK?ともいえないのが、今の日本の状況です。生産地や消費期限・原材料の偽装などは、飛騨牛・うなぎ・りんごジュース・お米…数え上げたらキリがありません。

『食』は、健康の源です。今こそ『食の安全』『地産地消』について考えてみませんか?もっと地元のモノを、安全に、低価格で、流通できる社会になれば…と思います。

もうすぐ選挙です。景気対策も重要ですが、政党や候補者が、『食』に対してどんなビジョンを持っているのか?ぜひ判断基準の一つにしてほしいものです。でも、吉野家もウマイ(笑)


■ 2008年9月 夏から備える?『新型インフルエンザ』の恐怖

最近、『H5N1』(ダイヤモンド社 岡田晴恵著)という本を読みました。この言葉から、ピーンときたアナタは偉い!生き残れるヒトでしょう。『H5N1』というのは、鳥インフルエンザのタイプです。これがヒトにも感染しやすいタイプに変異(変化)するのは、もはや、避けられない状況(時間の問題)だそうです。

インフルエンザと聞くと、ワクチンがあるから大丈夫…とか、、タミフル飲んで安静に寝てれば、そのうち良くなるもの…とお思いかもしれません。また、鳥インフルエンザは、遠い東南アジアで発生し、日本には関係ない…とお考えかもしれません。しかし、新型インフルエンザは、もっと、『別の感染症』と考えておいた方がよさそうです。ウイルスは、飛行機に乗って、わずか数日でやってきます。

新型インフルエンザとは、高病原性(全身を犯し致死率が高い)の特徴を持つ、鳥インフルエンザと、例年冬に流行し、感染力は強力(空気感染する)だが、弱毒性インフルエンザ(香港A型とか)が、合体したようなものとお考えください。すなわち、病原性も感染力も強い…ということです。

本人は、発症する前日から、咳などで、知らずにウイルスを、飛ばしてしまうので、ひとたび、日本に上陸したら、隔離は不可能。感染者が、満員電車に乗れば、大流行を、防ぎようがありません。
しかも、世界中の誰も免疫がないため、ウイルスに感染すれば、100%発病し、ワクチンができるのは、日本では、大流行の一年後で、しかも2000万人分しかないそうです。

タミフルは、発病後24時間以内に、服用すれば、効果はありますが、それでも、症状を抑える程度のもので、特効薬ではありません。大流行すれば、タミフルも、在庫はなくなり、医療は崩壊、病院はパニック、物流はストップし、終息まで、2ヶ月程度かかるとのことです。しかもそれは『第一波』にすぎないそうです。

地震・災害なら、被災していない地域からの援助がありますが、交通の発達した現代、大流行は航空機によって、世界規模で起こるため、日本への食料・石油などの輸入もストップする可能性があります。皆さんも、ぜひ、個人で、どう対処すべきか、考えてみましょう。国はアテにできません!


■ 2008年8月 同じ地方の商店街なのに!?

先日、久し(数年)ぶりに、高松の商店街を、チョットだけ、ウロウロしてきました。いつもなら、高速の『高松中央インター』を降りて、車で10分の、ご存じ『ゆめタウン』で、まったりと過ごして帰るだけなのですが…。

今回は、大学の同級生の『開業祝いJや、友人の先生の『結婚祝い』を求めて、少し足を伸ばして、はりきって高松の中心へ。
目指すは、老舗の『三越』。ぐるぐると、目が回りそうな、しかも一方通行でなく、対向車が、はみだしてくる立体駐車場へ、なんとか車を置いて、早速、三越へ向かいました。
その出入り口の外には、なんと高級ホテルのように、ドアマンらしきオジサンや、キレイなインフォメーションお姉さんが、『いらっしゃいませ』と、笑顔で、お出迎え。さすがは三越(徳島そごうには、おらんよなぁ…)と、感心しながら中へ。

目的の、お祝いの2品を、早々と決め、ラッピングしてもらい、再開発で有名な、丸亀通りへ。オシャレな建物には、ブティックなどが入り、イベントもやっていて、『東新町商店街』とは、大違いの人出でした。

現在、徳島市でモメている、西新町の再開発。
いっそ、ヴォルティスのゲームや、イベントも行える、芝生の競技場にしたら…と思います。そしたらみんな自転車、バスなどで行けるし、徳島駅からも徒歩圏内。
地下、1階、2階の都分は駐車場、3階がグランド。4階からスポーツバーなどの飲食施設や客席。そして住居も併設し、住人はタダでベランダから、イベントなどが観戦できる特典付き。夏は阿波踊り会場や、花火の会場として使用。とまあ、夢物語ですよね。
殺風景なホールやビルが建つより、スタジアムや、シネコンの方が、人が集まるような気がするし、帰りに買い物や、食事や、飲みに行きやすい...と思うのですが、ネ市長!


■ 2008年7月 それでも、ガソリン車に乗りますか?

ガソリンの価格が、ついに1リットルあたり、170円を突破しました。(6月7日現在)
そのうちの数十円は、あのガソリン税なんですが。(もう一度下がんないかな…)
さて、今後の見通しでは、ガソリンの価格は、さらに上がることはあっても、下がることはないそうです。みなさん、『エコドライブ』を、心掛けましょうね!

私自身、値上げを感じたのは、たまに買うお持ち帰り専門の焼き鳥が、ずっと1本63円だったのに74円になっていたり、よく行くラーメン屋さんや、うどん屋さんでお勘定するときでした。また、同じ値段でも、よく見ると、中味が少なくなっていたり…と、どこも大変苦労されていますよね。今まで、できるだけ、価格に転嫁せずに、コスト削減につとめていたのに、もう眼界!ということで、あらゆるところで、ジワジワと、影響が出ています。
もっと前から、何でも上がっているわよ!と、家計を預かる、家内からは小言を言われますが…

現代の生活に、『物流』は欠かせません。それを担つているのは、ガソリンによるトラック輸送です。宅配便や、産直品などが、全国各地から、翌日や、数日で届くのは、このシステムのおかげです。でも、もうこれ以上、便利になる必要が、あるのでしょうか?みなさん、そんなに『急ぎのモノ』が必要ですか?
確かに、『アスクル』や『アマゾン』などの通販を、私自身もよく利用しますし、注文したら、たいてい翌日に届くので、とても便利です。ですが、食べ物じゃないんだから、何も、至日に届かなくても、飢えて困るわけでもないし、よほど急ぎのモノだけ、送料を2割増!みたいにすればイイのに…と思います。

また、きっとこれからの未来には、燃費が悪くて、C02をまき散らす、ガソリン車には乗れなくなるでしょう。
私が、今、興味があるのは、来年に発売予定の三菱のiMiEVです。ご家庭のコンセントから、携帯電話のように充電できる、電気自動車です。
予定価格は、300万円位と言われていますが、電気代が200円(深夜電力)くらいで、160kmくらい走れるそうです。もう少し、オッサンが乗ってもイイようなデザインだったらな…


■ 2008年6月 G(ごっつい)、W(わくわく)の、ゴールデンウイーク?

5月の3目〜6日まで、2月以来の連休を、いただきました。

来院中の患者さまに、GWの予定を、お伺いすると、『サイパンヘ、ダイビング〜!』という方が、1名いらっしゃいましたが、『混んでるから…どこにも行かない!』とか、『別に予定はない…』とか、『実家へ帰る…』とか、『近場へ、日帰り…』という方が、大半でした。

それはさておき、わが家も、娘が日記を書けるように、どこかへ、連れて行かなきゃなりません。幸い、今年のGWは、仲良しKさんファミリーが、月見ヶ丘海浜公園の『コテージ』を、早くから、予約してくれていて、そこに誘っていただきました。
3日の昼すぎ、空港横のマルナカで、食料&大量のアルコールを調達し、快晴の公園へ!

チェックインするころには、すでに、多くのグループがBBQ中。でも、駐車揚から、かなり遠くて、荷物が大変そうでした。その点、コテージ宿泊者は、コテージ横まで、車の乗り入れが可能。ほんとに便利!!
しかも、まだ新しいのでキレイし、リーズナブル。
コテージは、リビング(薄型TVにソファベッド)、キッチン(食器・炊飯器あり)、シャワートイレ、お風呂、ベッド2つに、畳コーナー、ウッドデツキがあり、まるで、自分の別荘で、優雅に過ごすセレプ気分。

早速、子供たちは広い公園に、飛び出して行き、大人たちは、ビールでカンパーイ!宿泊予定ですから、いくら飲んでも大丈夫!ということで、15時くらいから、休憩したり、散歩したり、子供たちと戯れたり、食事しながら、23時くらいまで、飲んで
ました(笑)。

『ウコンのちから』のおかげで、翌朝、スツキリ目覚め、さわやかな潮風を浴びながら、脂肪のたまったビール腹を、『どないかせなあかん!』と猛省した、GWでした。


■ 2008年5月 最近ハマった本「夢をかなえるゾウ」

TVドラマ化も決定した話題の本『夢をかなえるゾウ』。
この本の存在自体は昨年から知っていたのですが、なかなか購入に踏み切れず、しばらくはその存在も忘れておりました。

そうこうしているうちに、『新作は必ず読む!』と決めているビジネスマスターの本が発売された、と聞いて『近所の本屋さん』に出かけました。
そこでビジネス書の本棚の周りを3周したものの、やはり新刊でもマイナーなジャンルなのでありませんでした。駅前の、『紀伊国屋さん』まで足をのばせば、きっと置いてあるのでしょうが…。

『読みたい本』って、一度、読みたい…と思うと、ガマンできないですよね(私だけ…)やっぱ、おおきな『本屋さん』じゃないと無いなあ…しゃーない、『アマゾン(通販)』で、代引き手数料払って買おう…と諦めたその時、平積みされた『本』の中から、私の視界に飛び込んできたのが、この本『夢をかなえるゾウ』なんです。
探していた『本』じゃないけど、せっかく、お昼休みにバイク飛ばして、『本屋さん』に来たのだから、エーイ買っちゃえ!と思わず、久しぶりに、衝動買いしちゃいました。(1,680円ですが…)

早速読んでみると、ページをめくるたびに笑いが止まりません。電車内や、人前で読んでいたら、ちょっと、『変な目』でみられそうなくらい、笑えますヨ。ホント。

で、一気に読んじゃいました。内容は、あまりお教えできませんが、20年前に読んでいたら、人生変わっていただろうなあ…と思います。内容は、私の保証つき。ぜひ、あなたもドラマが始まる前に読んでおきましょう!

嗚呼、オレも富士急ハイランドに行きたい!!


■ 2008年4月『人間ドック&MRI初体験!パート2』

先月の続き、私の『4回目の人間ドック&初!MRI』のお話です。

さて、晴れて無事に『メタボ』ではないお墨付きをもらい、午後からは中洲の『八木病院』に移動しました。
10代のころに、『腰』の診察を受けたことはありますが、そのころは、まだ、ギックリ腰は未経験!
大学を卒業し、デンティストになり、毎年1〜2回、ギックリ腰のような症状に、襲われ出してからは、整形外科を受診するのは『初めて!』となります。

さて、受付後、看護師さんによる聞き取りも終わり、ご年配の方々に混じって待合室で待っていると、診察室へ呼ばれました。
すぐにレントゲン撮影をしましょう、となりました。しかし、その画像の中の数枚には午前中の胃の検査のバリウムが、写りこんでしまい、判読不明。
院長先生によれば、骨に大きな問題はなさそうとのこと。一応、MRIでも確認しよう…ということで、初のMRI撮影です。

大きな輪の中の、狭い空間に、吸い込まれる感覚です。最初こそ、緊張しましたが、何の痛みもなく、最後のほうは、ついウトウト。しかも、レントゲンもMRIも、撮影してくださったのは、患者さまのIさまだったので、安心して検査を受けることができました。
果たして、その結果は?!やはりヘルニアか???
院長先生によれば、ヘルニアではなく、腰椎の間にある、椎間板が『変性』している!!とのこと。老化により、誰でも、少しは『変性』するそうだが、私はまだ30代(もうすぐ40歳ですが)。できるだけ、周りの筋肉を鍛え、腰に負担をかけないようにするしかないネ…とのこと。

現在、朝晩の『腰痛体操』&Nさまオススメの『コンドロイチン』継続中!!!


■ 2008年3月『人間ドック&MRI初体験!』

先月より、毎週木曜日を『休診日』させていただいております。そのお休みを利用して、1月17日(木)に、城東町にある、『沖の洲病院 健診センター』にて2年ぶり、4回目の『人間ドック(日帰りコース2)』に行ってきました。

普段何も考えずに、食べたり飲んだりしておりますが、ドックの前2〜3日は妙に節制してアルコールも控え、健康的に過ごしました。(普段と同じようにせんと、意味ないけん…と、つっこまれそうですが)

さて当日、朝から一滴の水も飲ますに、朝8時過ぎにバイクで病院へ!
前日にとった、便の容器を受付のカワイイお姉さんに提出(ちょっぴり恥)。そして、ゴルフ場のようなキレイなロッカールームで検査着に着替えて、さあいよいよ『人間ドック』のスタート!

順番に、尿検査・採血・血圧・聴力・視力・身長・体重・そして腹囲(ウエスト)、そして肺活量・握力・心電図・腹部超音波・バリウムを飲んでの胃透視と、無事に終了。4回目ともなればバリウムさえもおいしく感じられました。果たしてその結果は?

体重は2年前より−3s、ウエストもメタボ基準よりちょっぴり細め、はれて『メタボではない』お墨付きを頂きました。ただ、慢性胃炎と、肝臓の数値GTP、γ-GTPは基準より高く、アルコールは程々に(ツライ)。検査後、ヘルシーな食事をいただき、ドックは終了。

午後からは、別の病院(整形外科)へ!果たして、ギックリ腰を繰り返すこの腰はいったいどうなっているのか?ヘルニアなのか?MRIの結果は?

来月へ続く!!!


■ 2008年2月 『一大イベント・もちつき!』
大杉家では、年末の一大イベントである『もちつき』を毎年、年末の30日に行います。29日は『9(く・苦)』がつくからアカン…という、ばあさんのヒトコトで、できません。よって、どんな天候だろうと、30日なのです。

おかげさまで、年末年始を北海道のゲレンデで過ごす…なんてことは、夢のまたユメ…。いつも誘ってくださるM先生ファミリー、申し訳ないです。

その一大イベントに備え、例年ならやる気マンマンの私ですが、珍しく体調不良で(おそらく発熱していたと思いますが…)前日には『寒気』と『全身のだるさ』に襲われました。しかし、薬が効いたため当日の30日には少し良くなっていました。もちろん、『だるい』程度で一大イベントを欠席するわけにも行かず、万全とはいえないまま家を出発しました。

あいにくのみぞれ交じりの空模様の中、実家に到着すると、すでに『もちつき』は始まっており、納屋のほうからぺったんぺったんと『もち』をつく音とともに家族の笑い声が聞こえてきます。

お天気が良ければ焚き火をたいて外でやるのですが、今年は小雪もちらついて屋内(といっても納屋の中ですが…)での開催です。体調不良の私にとっては、少しでも寒さをしのげる屋内で助かりましたが…。

当日は大忙しです。(といっても、私は、例年ただ行って、ビールを飲んで、へっぴり腰で杵でぺったんぺったんと、『もち』をついて、また飲んで…の繰り返しです)父の作った、もち米を洗って蒸したり、重たい石臼を準備したり、酒のツマミを準備したり、次々につきあがる『もち』を丸めたり…と、まさにTVで観るDASH村みたいです。この歳になってはじめて、こんな風景なんかイイよな…と思えるようになりました。

山深い、底冷えする、寒〜い飯谷町(市内よりも2℃も低い)にある実家ですが、毎年の恒例行事なので、親戚一同が大集合(18名)!叔父や叔母も顔を見せ、姉夫婦もはるばる大分より帰省し、滋賀県の草津在住のいとこも家族でやってきて、ほんとうににぎやかです。

なんせ、小学4年から2歳までのわんぱくkidsが、我が家の2人も含めて、総勢6人もいて、子供用の杵で『もち』をついてみたり、つきたての『もち』を丸めたり、あんこを入れて食べてみたり、そのあたりを、ウロチョロと走り回ったり…と、そりゃもう、プチ保育園状態。それを見ている大人たちも、日常のイヤなことも忘れ、自然と笑みがこぼれます。

かつて、30数年前には、私も『もち』をつく大人たちの周りを、いとこたちと走り回っておりました。今ではそのいとこたちも、独立したり、家族を持ったりとなかなか会う機会がありません。
でも、こうして『もちつき』をすることによって、毎年年に一度は、ふだんあまり会えない家族や親戚が集う…というのは実はとてもイイ習慣だなぁ…とあらためて感じました。

『もちをつく』ということも、『つきたてホヤホヤのおもちを食べる』という楽しみも、『お酒を飲んで、みなでワイワイやる』という私のポリシーも大事なコトです。ですが実はそんなコトよりも、ここに集まってくるみんなはお互いの元気な顔を見て、今年一年無事に過ごせたことを感謝するために集まるんじゃないのかな…。だから年の瀬の誰もが忙しい時期でも、都合をつけていまだに『もちつき』に家族や親戚が集まってくるんじゃないのかなぁと思うようになりました。

久しぶりに会った草津のいとこも大分の姉も、大杉歯科診療所のHPの中にある、この『月刊atsu誌』のHP版、『院長のコラム』を楽しみに読んでくれているそうです。2006年8月から、先月号までの過去のコラムも読むことができますので、最近スマイルの読者になられた方は、ぜひ一度、HPにアクセスしてみてください。
アドレスはhttp://www.ohsugi-dental.com/
または、yahooやgoogleなどの検索サイトで『大杉歯科』と入力してくださいネ!


■ 2008年1月 『2007年はどんな年!』
今年も『重大ニュース』の時期となりました。あなたにとっては最も印象深いのは、どんなニュースでしょうか?わたしにとっては、『ミスチルのライブ』が、最も印象に残っている『いい思い出』です。あとは、あまり、いい『ニュース』は、浮かんできません。
食品の偽装問題、北海道夕張市の財政破綻、年金の記録問題、などなど…。毎日、TVで、どこかの社長さんや、お役所のエライ方々が、頭を下げる『謝罪会見』ばかり、見てきた気がします。

『謝罪会見』と言えば、忘れちゃいけないのが、スポーツ界で話題となったこの2つ。朝青龍&亀田親子。どちらも、最初から、あそこまで、キラわれる『キャラ』では、なかったように記憶しています。どちらも、マスコミに取り上げられ、チヤホヤされて、本人たちも、舞い上がっちゃったんではないでしょうか。いわゆる『天狗』の状態で、勘違いしちゃったんですね、きっと。

そうなると、周囲の人たちも、注意することができなくなり、ますます、常識が通用しないように、なっちゃったのではにでしょうか。結果、何か『コト』が起こると、一気に非難し、責め立てる『日本』らしい騒動でしたね。日本人の好きな『○○ブーム』のようなものではないでしょうか。

最近では、防衛省疑惑。エラくなれば、ゴルフも、旅行も、タダで行けちゃうし、奥さまの飲食費まで、払ってくれる『会社』が、世の中には、あるんですね。ウラやましい限りです。

また、政治の世界も、大きな『変化』が、ありましたね。身近な存在(高校の同級生)が、『選挙』に出たせいもあるでしょうが、こんなに、『開票速報』に注目した選挙は、初めてです。

その結果、参議院では自民党が、大敗し、民主党が第一党になりました。そして、国会での激論が始まる…と期待していたら、突然の安倍総理の辞任。その後、今度こそ自分の番だ!と期待していた、麻生さんの夢は叶わず、福田総理誕生となりました。そしたら、小沢さんと大連立構想、小沢さんの辞任騒動…と目まぐるしい動きでしたネ。衆議院の解散をにらんで、もうひと波乱、ありそうです。

あとは『温暖化』&『原油価格の上昇』。もう、これは待ったなしに、地球規模で、解決策を示してほしいものです。われわれ『小さな庶民』が、できるコトといえば、エアコンをセーブしたり、エコドライブを心がけたり、ゴミの分別など、小さなことでしょうが、始めなければ、きっと、未来につながっていかないと思います。

大杉歯科診療所のニュースとしては、2月からスマイルスタッフとして、スマイルコーディネータの歯科衛生士、野口さんが加わりました。4月には、無事に5周年を迎え、『5(ご)』にちなんだ、『ごまクッキー』や『ごまふりかけ』の5周年企画。また100名近くの患者さまに、ご協力いただいた『予防ケアアンケート&イタリア製オリジナルボールペンのキャンペーン』。

7月には、雨の中、診療を休診にさせていただいて、大阪の『文の里歯科クリニック』への『日帰り医院見学バスツアー』。夏休みの終わりには『夏祭りイベント』などを企画し、無事にとり行うことができました。

残念なニュースとしては、10月末で、歯科衛生士の杉本さんが、体調不良によって退職し、来春、早々には、デンタルカウンセラー、受付の近藤さんが、退職予定なのです。
『出会い』があれば、いつか『別れ』があるのは、わかっていても、やはり、さみしいものです。二人とも、まだまだ若いので、これからの人生の中で、たまには『大杉歯科診療所』で、患者さまと接した『温かい時間』を、思い出してほしいモノです。

ということで、新しいスマイルスタッフ(受付・歯科助手・歯科衛生士)を、まだまだ募集中です。パートタイム可。お心当たりのある方は、ぜひ、ご紹介くださいネ。

今後、新しいスタッフが、加わるまで、スタッフのシフトの都合上、お約束(ご予約)が、ご希望通りの日時に、取り難くなるかもしれません。また、今まで以上に、急患への対応等、ご不便を、おかけするかもしれません。何卒、ご理解と、ご協力の程、よろしくお願いいたします。


■過去のコラム
 2007年 |  2006年


徳島市の歯医者 歯科 大杉歯科診療所には
鳴門市 小松島市 吉野川市 名西郡 名東郡 阿南市からも多くの患者さまが来院されます。

トップインプラントレーザー治療ホワイトニング予防歯科/PMTC痛くない歯科治療

Copyright (C) 2007-2009 徳島市 歯科 大杉歯科診療所 All rights reserved.
website produced by『わははねっと』